無痛分娩は本当に痛くない?

出産

無痛分娩で出産した際、お母さん、お子さんの両方に重い障がいが残ったとして、院長が書類送検されたとニュースになっていましたね。
芸能人などが無痛分娩での出産を発表したりして、希望者が増え、無痛分娩を行える病院も増えてきていましたが、この事故の影響で件数は減ることになるのでしょうかね?
実は、わたくし第一子は無痛分娩で出産しました。
理由は、別に絶対無痛分娩が良かった!というわけではなく
「自分の産まれた病院で産みたかった。」
それが、たまたま無痛分娩で有名な病院だったんです。
24時間365日無痛分娩ができるところはなかなかないですよ。
無痛分娩をするときは日時を決めた計画出産にすることが多いようですが、私は自然に陣痛が来るのを待って出産しました。



◆無痛分娩とは
麻酔を使って、陣痛や分娩時の痛みを緩和しながら出産する方法です。
硬膜外麻酔では背中に麻酔を注入するチューブを設置し、麻酔の量をコントロールしながら陣痛の痛みをとります。しかし、赤ちゃんが産まれるときには自分の力でいきまなければならないので、陣痛後期に一旦麻酔を中断し、出産後に会陰の痛みを緩和するため再度麻酔を入ると説明されました。
◆無痛分娩のメリット・デメリット
<メリット>
陣痛による痛みがやわらぐので、母体の疲労感が少ないため、産後の回復が早くなるというメリットがあります。また、妊娠高血圧症候群や心臓・肺に持病を持つ方は、母体への負担を軽くするために無痛分娩を勧められることもあります。
<デメリット>
麻酔のために、陣痛が弱くなってお産が進まなくなってしまったり、いきむことができずに看護師さんが馬乗りになってお腹を押されたという話も入院中何度か聞きました。あとは、分娩費用が普通分娩より10万円くらいは高くなります。
◆無痛分娩は本当に全く痛くないのか?
答えは、NO!です。
あくまで、痛みを 緩和 してくれるものです。
だから最近は和痛分娩とも呼ばれるのですね。
陣痛の痛みがどんなものかも知らなかった私は、陣痛来ても気付かなかったらどうしよう(+o+)なんて思っていましたが、とんでもなかったです。
出産前日の検診で子宮口1センチ開いていると言われ、心の準備はしていましたが、その日の夜11時頃破水して
陣痛が始まりました。
はじめは我慢できる程度で、病院についても子宮口は2センチ程度しか開いておらず、痛みがひどくなる前に浣腸、剃毛の処置をして背中にチューブを設置しました。これで楽になれると思ったら、
「子宮口が6センチくらいにならないと麻酔入れられないからね」
と言われ、夜中の3時ごろまで陣痛を味わうことになりました。
『のたうち回る』という言葉がありますが、痛いと本当にコロコロ回るんですね( ゚Д゚)
ようやく麻酔を注入してもらい、そこからは痛みなんて全く感じず、モニターの山を見ながら、「あ、今張ってるんだ?」程度にしか感じませんでした。
分娩室に移る前に麻酔を切ると言われていましたが、産まれる時も、「押されてるな」くらいで全く痛くありませんでした。
ただし、出産後は麻酔の副作用か吐き気がひどくなりました。そして、産んだ後の後陣痛の方が苦しかったです。
2人目以降はずっと自然分娩だったのですが、その理由は
まずはお金ですね。
第二子妊娠まで2年しかたっていなかったのに、出産費用が20万ほど上がっていたので、他の病院にしました。
さらに、3人目は破水から始まり、出産まで2時間、4人目は陣痛から始まってから3時間半のスピード出産だったため、麻酔が効く前に産まれちゃうって話です。
4人目を産んだ病院は、経産婦のみ和痛分娩できます。と言っていたので、前回の分娩時間がひどくながくて大変だった方は無痛分娩をしてもいいのではないかと思います。

タイトルとURLをコピーしました