インフルエンザで学級閉鎖も予防接種は必要無?

今年もインフルエンザの季節がやってきましたね。
近隣の小学校では9月にいきなり学級閉鎖になりました。
そして、今年はワクチンが足りなくなるとの報道もでています。
慌てて病院へ予約の電話をしている人もいるのではないでしょうか?
でも、よく思い出してください。
予防接種を受けていたにも関わらず、
インフルエンザにかかったことはありませんか?
「インフルエンザの予防接種は打たない方がいい」なんて記事も
結構ありますよね。
赤ちゃんの頃からたくさんの予防接種を受けてきましたね。
それらのワクチンを打たない方がいいなんてことを
いう人はまずいません。
では、なぜインフルエンザだけそんなことが起きるのでしょう?
◆ワクチンとは
そもそも、ワクチンとは何なのでしょうか?
ワクチンは、細菌やウィルスの毒性を弱めたり、無毒化した
ものを接種して免疫をつけようとするものです。
◆インフルエンザワクチンの中身
インフルエンザは変異が激しく、毎年どの型が流行するかわからないため、
流行しそうな型を予測して4種類選び、培養してワクチンを作っています。
このため、予測が外れると全く効果がなくなってしまうのです。
◆我が家の場合
実はわたくし薬局で働いております。
なので、会社から全額補助が出て絶対打たないの行けないんです。
旦那は会社からの補助は1500円くらいなので、残りは自費で打ってます。
子どもたちは、以前はちゃんと2回受けてました。
でも、小学生になると帰りが遅くてうちに行くのも大変になったのと、
金額も高いので1回だけ打つようになりました。
そして、予防接種を受けた年に、3人中2人がインフルエンザにかかり、
そのうち1人はA型B型両方にかかったので、その年以降
予防接種はやめました。
だって、1回4000円×2回×子供3人=24000円ですよ。
しかも、注射を打つとなると大暴れするやからがいるので、
連れて行くのも大変です。それなのにインフルかかったらバカバカしいでしょ。
自宅で見ていられるうちはいいですが、保育園に行ったり、学校に行くようになると
隣の子がインフルエンザになったら、ほぼ間違いなく感染します。
それは仕方がないんです。
インフルエンザにかかったところで、今は治療薬もありますし、
薬を使ったら2、3日で症状も治まります。
働いているお母さんには5日間の出席停止はきついですが、
逆に5日間で終わるのがわかっているため、予定も立てやすくなります。
これが、インフルエンザも溶連菌も陰性、ただの風邪と言われて
1週間も熱が上がったり下がったりする方が職場も自分も困ってしまいます。
と、いうわけで、
今年は赤ちゃんがいるので、迷うところではありますが、
たぶん、大人だけ受けて、体調悪い子は隔離することで
乗り切ると思います。

タイトルとURLをコピーしました