就学時健診の知能テストはどんなことをするの?

0I9A444015032150wakaranai2_TP_V4.jpg
こんにちは。MKあやねです。
晴れると真夏日、雨だと12月中旬の寒さ。
最近の気温の変動には本当に体がついていきません(+o+)
皆さん体調には十分注意してくださいね!
さて、10月に入りあちこちで来年度小学校へ入学する子どもの就学時健診が行われていますね。
我が家の3番目も先日受けてきました。
しかし、初めてお子さんが小学校へ上がるお母さんは気が気じゃないですよね。この子、ちょっと赤ちゃん言葉が抜けてないし、「さしすせそ」が「しゃししゅしぇしょ」になっちゃうし…。知能テストができなくて普通学級へ入れなかったらどうしよう(:_;)
私も長女の時はかなり心配しました。知能テストや言葉のテストの結果は問題がある場合に限り、後日連絡が来るんです。結局なんの音沙汰もなく無事に入学できましたが。
そこで、就学時健診がどのように行われるのか、こちらの小学校の場合をお伝えします。どこも大差はないはずです。
◆健診の流れ
・受付
学校により異なるかもしれませんが、こちらは受付順で検査が行われるため、先頭の人は受付時間の1時間くらい前から並んでいます。私も長女の時は1時間前に行って、5番目くらいでした。次女の時も同じように行ったら、周りに誰も居らず、しばらく次女と二人でポツンと並んでいて、恥ずかしかったです。今回はお友達と受付開始20分前くらいに行って、50番前後でした。
まず体育館の入り口で子どもに番号札を首からかけられ、同じ番号が書かれた封筒を受け取ります。そこで子供と親は離されて、親は受付に並んで、子どもの名前と受付番号を伝えて、事前に記入しておいた既往症や予防接種の接種状況を渡します。受付が済んだら、受付番号の書かれた椅子に座って待ちます。
・健診の流れについての説明
子ども達は10人ずつ、6年生の係りのお兄さんお姉さんに連れて行かれ、健診がスタートします。
親は先生から健診の流れについて説明があり、封筒の中にある書類に記入します。
・健診第一部(子供)、子育て講習(保護者)
子どもたちが知能検査・言語検査・視力検査・聴力検査を受けている間に、保護者は40分くらい子育て講習を聞いています。
子育て講座の内容は、よくある内容で「早寝・早起き・朝ごはん」が大事。できれば排便も自宅で済ませてくるように。また、和式トイレも使えるようにしておいて。などでした。
・健診第二部
子どもたちが戻ってきたら、今度は保護者と一緒に眼科、歯科、耳鼻科、内科健診に向かいます。
・書類提出、結果受け取り
健診が一通り終わったら体育館へ戻り、書類を提出して、健診で書いてもらってきた結果を受け取り終了です。
◆知能検査・言語検査の内容、視力・聴力検査の方法
お母さんが一番気になるのが、知能検査と言語検査ですよね。子どもの話なので少し忘れているところもあると思いますが、だいたい毎回同じようなのでご参考まで。
・知能検査
机にプリントと鉛筆がおいてあり、まず名前を書きます。うちは「ね」が難しくて書けなかったら、先生が書いてくれたと言っていました(-_-;)
テストの内容は、仲間外れを〇で囲む、同じ顔の雪だるまを〇で囲む、壊れているハサミを〇で囲む。など、子供用のワークブックにのっているレベルのものです。
・言語検査
10人横並びで椅子に座り、まずは自己紹介。今回は「こんにちは。(名前)です」だけだったようです。次女は通っている保育園の名前も言ったと言っていました。
絵を見て、これが何か教えてください。という問題で、長ぐつ、チューリップ、新聞、ぞうなどがあったようで、1人2つ答えて終わりだったそうです。
・視力検査
丸の切れている方向を指で指して答えました。
ちなみに、私の兄は検査の部屋に入る前「切れている方向を右、左、上、下で教えてね」と言われていたのに、先生は「指で指して」と言ったため、どちらで答えていいのかわからなくなってしまい、先生は答えがないから見えないのかと思ってどんどん大きくしてくし、係りの6年生には「この子バカなんじゃないの?」と言われてしまったと言っていました。
・聴力検査
音が聞こえたら手をあげます。
◆おわりに
子どもたちの通っている学校には特別支援学級も、言葉の教室もあるため、普通学級で難しいと思われる子は途中でそちらに移ったり、ある時間だけ支援学級に行ったりすることがあります。しかし、これまでに親がおかしいと思って病院へ連れて行く様なレベルでないと、就学時健診でいきなり発達障害のため、特別支援学級へ入れられるということはないと思います。
そして、やんちゃで9聞いたら10忘れるわが子は発達障害ではないか?と本気で心配していますが、その子も普通学級ですし、子供が多い場所に行くと、落ち着きがない、騒がしいのは我が家だけではなかった。と安心してしまう自分がいます。

タイトルとURLをコピーしました