中学受験のために歴史漫画を検討中

こんにちは。MKあやねです。
先日の日能研の相談会でもう一つ言われたことがありました。それが、「社会は中学生で習うことが普通に入試に出るため、学校の勉強だけでは無理です。」ということ。ただ、理社の配点が国算よりも低いため、2教科の受講もできるようになっているそうです。
そこで、小学生のうちから社会が大の苦手だった私は考えた!何とか楽しく歴史を学んでほしい。そのためには漫画だ!
ということで探してみました。私たちが子供の時より種類がずいぶん増えているように感じます。そして何が違うのか、いまいちよくわからない。全部買ってみるわけにもいかないので、自分なりに比べてみました。
目次
・角川まんが学習シリーズ 日本の歴史
・小学館 学習まんが少年少女日本の歴史
・集英社 学習まんが日本の歴史
・学研まんが NEW日本の歴史
・朝日小学生新聞の学習まんが 日本の歴史きのうのあしたは…
・どれを買う?
◆角川まんが学習シリーズ 日本の歴史

全15巻+別巻 歴史まるわかり図鑑
2018年セット特典「戦国すごろく&さいころバトルえんぴつ」
発売日:2017年11月22日
創刊:2015年6月
定価:13,824円(税込)
監修:山本博文 東京大学教授
<メリット>
・歴史の大きな流れをつかむ「東大流」
・持ち運びに便利なコンパクトサイズのソフトカバー
・絵は今風で読みやすい
・まんがの量が多く、記事が少ないため、子供が興味を持ちやすい
・他のセットに比べて安価
<デメリット>
・近現代が弱い
◆小学館 学習まんが少年少女日本の歴史

全21巻+人物事典+史跡資料館事典
発売日:1998年2月
定価:20,466円(税込)
監修:山本博文 東京大学教授
<メリット>
・30年以上にわたるベストセラー
・「ビリギャル」もこのシリーズで学んだ
・しっかり読み込めば中学入試からセンター試験まで対応できる
<デメリット>
・1997年までの情報しかない
・絵が古臭い
・価格が高く、置き場所に困る
◆集英社 学習まんが日本の歴史

全20巻
セット特典「江戸城天守クリスタルアート」
集英社創業90周年特別企画
発売日:2017年10月12日
改定:2016年10月
定価:19,440円(税込)
総合アドバイザー:野島博之 カリスマ講師
<メリット>
・近現代史が充実(20巻中8巻)
・各時代をそれぞれの専門家が監修。ストーリー作りから参加
・シナリオライター向け勉強会を月1~2回、1年半かけて教育
・高校、大学受験にも役立つ内容
・絵は今風で読みやすい
<デメリット>
・価格が高く、置く場所に困る

◆学研まんが NEW日本の歴史

全12巻+別巻2巻「人物学習事典」「文化遺産学習事典」
発売日:2017年1月
改定:2013年11月
定価:15,768円(税込)
総監修:大石学 東京学芸大学教授
<メリット>
・全巻オールカラー
・人物を中心としたストーリーで歴史の大きな流れが分かる
・巻末資料が充実。各巻30ページ前後の解説が参考書代わりになる
・各巻専門の中堅・若手研究者が監修
<デメリット>
・改定前は17巻あったものを12巻にまとめたため、内容が薄い
・ほぼ全ページの枠外に豆知識が書かれており、読みにくい
◆朝日小学生新聞の学習まんが 日本の歴史きのうのあしたは…

全7巻
発売日:2012年2月
2006年4月から『朝日小学生新聞』で連載開始
定価:9,072円(税込)
<メリット>
・高校の教科書レベルを小学生向けに易しく解説してある
・各章、学習指導要領に準拠した「音読ノート」「歴史用語書き取り帖」「確認テスト」がついている
・中学受験に強い
◆結局、どれを買う?
朝日以外は試し読みができたので読んでみましたが、正直どれがいいのかはわかりませんでした。これから近現代史の比重が重くなるとの話もあるので、集英社が良いようですが、なるべくコンパクトに読みやすい方がいいので、(あと値段)うちは角川のセット+集英社の現代史にしようかなと考えています

タイトルとURLをコピーしました