アンドロイドからiPhoneへ機種変更

携帯

こんにちは、MKあやねです。
今までずーっとアンドロイドで通してきた私ですが、3日前ついにiPhoneデビューしました!
アンドロイドとiPhoneは全く別物だと聞いていたので、使いにくいのではないかとかなり心配でした。使っていたアプリのデータ移行と、使ってみて気付いた違いを挙げてみたいと思います。
◆メアド+パスワードでデータ移行できたもの
特に機種変更前にやっておくことはなく、新しい携帯にアプリをインストールして登録してあるメアドとパスワードで同じように使えるもの。
※注意:登録してあるメールアドレスが元のキャリアメールだと使えなくなるので、先にGメールなどに変更しておく必要があります。
・フェイスブック
・LINE(トーク履歴は移行できない)
・マネーフォワード
・みまもるネット(スマイルゼミのアプリ)
・ヤマダ電機携帯会員
◆クラウドなどにアップして移行するもの
・ジョルテ(スケジュールアプリ)
旧:「カレンダー」⇒「設定」⇒「ジョルテクラウドを利用する」⇒ID,PW設定
新:「カレンダー」⇒「設定」⇒「ジョルテクラウドを利用する」⇒ID,PW入力⇒「今すぐ同期」
・電話帳
新旧両方のスマホに『Zeetle』というアプリを入れて移行させます。
旧:「Zeetle」起動⇒「↑あげる」⇒新スマホに『ジー』という音を聞かせる
新:「Zeetle」起動

◆移行できなかったもの
・授乳ノート(育児アプリ)
アンドロイド同士、iPhone同士はデータ移行できるが、アンドロイドとiPhoneでの移行はできない。
・一部ゲームアプリ(旦那談)
アップルに認められたアプリしかダウンロードできないので、ユーザーには人気があってもiPhoneではできないものが結構あるようです。
◆使い方の違い
1.閉じる「×」ボタンがない
戻るときは下の丸いボタンを押す。
ただ、iPhone7はサイトを見ている時に上にスクロールすると、下の方に、<戻ることができるし、右下にタスクボタンがあるので、そこから左にスワイプすることで終了させられます。また、下の〇ボタンをダブルクリックしても起動中のアプリが現れるので、これは上にスワイプすると消せます。
2.microSDが使えない
アンドロイドは写真やアプリをSDカードに移して本体のデータを減らしましたが、iPhoneはそれができないので、はじめから本体容量の大きなタイプを選ぶか、クラウド等をうまく使っていく必要があります。
・iCloud(LINEトーク履歴、アプリの設定など含めたデータ) 容量5G:無料、50G:130円
・Googleフォト(写真) 容量無制限:無料
・yahoo!かんたんバックアップ(連絡先・写真・動画) 容量5G:無料(一般)、無制限:yahoo!プレミアム会員は無料(ソフトバンクスマホ利用者はスマートログイン設定すると無料でプレミアム会員になれます)
iCloudはなくしたiPhoneを探す機能までついているんですね( ゚Д゚)
3.文字間にカーソルを合わせる
アンドロイドは指でタップするとまあまあうまくいくのですが、iPhoneで同じようにすると全然うまくいきません。iPhoneはタップせずホールドすると虫眼鏡が出てきて、そのままゆっくりスライドさせると調整できます。
4.辞書機能
これはアンドロイド、iPhoneの違いではなく機種の問題かもしれませんが、今まで使ってたワイモバイルのシャープ製はあまりにもおバカだったので、iPhoneに替えて感動してます!
5.本体の強度
iPhoneは衝撃に弱いようですね。しかも、修理費がベラボーに高い!画面のみで18000円、その他も壊れると36000円もかかってしまうようです。たしかに、電車とかで画面がバリバリに割れたiPhoneを持っている女子高生とかたまに見かけますよね。そのため、保障に入っておいた方が無難。でも、月900円くらいとられるので考えちゃいますよね。スマホケースや液晶フィルムも衝撃に強いものを選びましょう!
◆まとめ
アンドロイドとiPhoneは全く別物だ!と聞いていましたが、アンドロイドも作ってるメーカーによってかなりの差があるので、特にiPhoneだから難しいということはないですね。旦那は、同じアプリでもiPhone版の方が内容が充実していると言っていました。iPhoneが人気があるのもうなづけます。

タイトルとURLをコピーしました