ソフトバンクAirが遅すぎて解約した話

こんにちは、MKあやねです。
 先日、夫婦でソフトバンクに乗り換えた際、家のインターネットもまとめて変えるとかなりお得になると言われて加入を決めたソフトバンクAirでしたが、自宅に帰って早速つないでみると「なんか遅くない?」という感じ。「iPhoneに余計なものが入ってるから遅いのかな?」なんて不要なアプリをせっせと削除してみたり。でも、ふと前のWi-Fiにつないでみるとサクサク動く。思わず通信速度を計るアプリを入れて計測してみると、今まで使っていたWi-Fiの1/20しか出ていなくてまったく使い物にならないので解約することにしました。
◆ソフトバンクAirとは
ソフトバンクAirは、「Airターミナル」をコンセントにさすだけ、工事不要でインターネットが使えます。なぜ工事不要かというと、光回線ではなく携帯用の4G・LTEの電波を使っているからです。また、無線ルーター機能もあるため、これだけでWi-Fi環境が作れます。
 Airターミナル3の速度はダウンロード(下り)最大350Mbps、アップロード(上り)最大10Mbpsですが、理論値なので実際はこんなに出ません。また、エリアやその他条件によって変わるので、どの程度の速度が出るのかは実際に契約して使ってみないとわかりません。



◆速度制限
ソフトバンクAirは「データ通信が無制限」と宣伝していますが、公式ホームページでは『サービス安定提供に伴う速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。ご利用の集中する時間帯(夜間など)は、サービス安定に伴う速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。』と書かれています。
これにあてはまり、日曜の夜なんかは下りで3Mbpsくらいしか出なかったわけですね。ただ、350Mbpsが3Mbpsはひどすぎますよね。
◆解約について
 契約は2年毎の更新となるため、更新月以外に解約すると違約金として9500円がかかります。また、分割購入の場合は36回払いとなっているため、2年で解約してしまうと本体分割の残渣18000円が一括で請求されます。というわけで、実際は4年使わないと解約にお金がかかってしまうというわけです。
ただし、契約から8日以内であれば解約金と分割残渣を払う必要がありません。
◆実際に初期契約解除してみた
 初期契約解除は契約したお店でないとできないと言われたため、日曜日に契約して水曜日10:30頃に現物持っていきました。そうしたら、「ソフトバンクの担当は11:00以降の出勤になります。遅れることもあるから11:30くらいまで買い物とかしてきて下さい」まずここで、『は?遅れるかもしれないから?なんだそれ!』って思いますよね。でも、仕方ないのでとりあえず時間をつぶして11:30に戻りました。すると、今度は「ソフトバンクの担当は今日お休みになったのでいません」『ふざけんな!』とは言いませんでしたが、不機嫌丸出しで文句言って帰ってきました。
 「次に来るのは木曜日なので来たらすぐに連絡させます」というので、連絡もらって再度行ってきました。ここで、気になることが一つ。解約金がかからないのはわかっている。おうち割がなくなるのも了解。ただ、ネットと一緒に買うということで割り引いてもらったiPhone本体の11万の値引きがどうなるのか?が一番心配。
 「料金はどうなりますか?」と聞いたら「おうち割がなくなるので、月々3000円くらい高くなります。それくらいですね」とのこと「他は?」「本体ですか?これは、うちの方でもうキャンペーン適応しているのでいいですよ」ってことで、ソフトバンクの担当さんはいい人だった(^◇^)
 ただ、ソフトバンクAirの解約については連絡が来ているのに、おうちの電話については連絡がないのが心配。このまま8日間超えて解約金かかるとかはないよね?って心配だから電話で聞いてみようと思う。
◆その後
結局、ソフトバンク光を契約しなおし。でも、はじめの対応にムカついたから他のネット代理店で契約することにした。こんなことなら初めから光にしておけばよかった。
でも、Airはやってみないとわからないからね。

タイトルとURLをコピーしました