教育費はどうやって貯める?

こんにちは、MKあやねです。
 皆さん、教育費はどうやって貯めていますか?子供が生まれてすぐに学資保険に入る方もいるでしょう。逆に日々の生活にいっぱいいっぱいで、児童手当すら生活費に消えてしまうという方もいるかもしれませんね。子どもを持つとどうしても重くのしかかってくる教育費について考えてみました。
◆そもそも教育費はいくらかかるの?
 子ども一人、出産から大学卒業させるまでにだいたい3000万円必要と言われています。そのうち生活費が1500万円。残りの1500万円が幼稚園から大学までの教育費ですね。ただし、公立に行くのか私立に行くのか、理系か文系かで大きく変わってくるので、最低これだけは必要と思っておいた方がいいですね。
 大卒サラリーマンの平均生涯年収は2.5億円と言われていますが、手取りでは2億円くらいになります。そこから子供4人を大学まで行かせようとすると、3000万円×4人=1億2000万円!親はどうやって生活するのですかね?(◎_◎;)まあ、だからこそ共働きなのですが…。
◆教育費はいつまでに貯めておく?
 学資保険で教育費を準備する場合、ほとんど満期は18歳or17歳で大学のために設定されています。それは、大学に一番お金がかかるからです。それまでは毎月ちょこちょこ出て行っていたお金が、大学は入学時に入学金、授業料半期分、施設料などがどかんと必要になるので、しっかり準備しておかないとならないのですね。
 では、いつまでに貯めておけばよいのか?まあ、大学入学までに貯まっていればいいと言えばいいのですが、大学に行くためには高校時代にかなりの確率で予備校に通うことになります。もしくは、しっかり学校で受験対策を行ってくれる私立高校ですね。つまり、高校時代も出費がかさむということです。と、いうわけで、できれば中学校までにある程度貯めておく必要がありそうですね。



◆いくら貯めておけばOK?
 まず、大学4年間でいったいどれくらいの学費がかかるのか見てみましょう。
●文科系学部の学費
4年合計:389万9,163円
●理科系学部の学費
4年合計:530万4,708円
●医歯系学部の学費
6年合計:2,369万2,298円
●その他学部の学費
4年合計:502万3,466円
⇒データ出典:文部科学省「平成28年度私立大学入学者にかかる初年度学生納付金 平均額(定員1人当たり)の調査結果について」 
これにプラスして寄付、交通費、部活費、教科書代等々かかってきます。文系と理系でかなりの差が出ていますね。ただし、安い理系大学もあれば高い文系大学もあるので余裕をもってためておいた方がいいですね。これを丸々準備できれば良いのですが、なかなかそうもいきませんよね。なので、最低でも半分は貯めておく必要がありそうですね。
◆どうやって貯める?
 貯める金額目標が決まったら、どのように貯めるのか。
①生命保険
②学資保険
③定期預金
④個人年金
 我が家の場合、上の子たちが小さいうちは子ども名義の口座にコツコツ貯めていました。ただ、子ども名義にしておくと贈与などの絡みもあり、あまり良くないという話を聞いたので、長男が生まれたのを機に、お祝い金分くらいを残してドバっと引き出し、長女次女の二人分を合わせて『低解約返戻金型終身保険』に入りました。これは払込期間10年を過ぎると解約したときの返戻金が増えていくというもの。前もって掛け金を全額預けて、そこから毎年払い込んだようになっています。
 長男はアフラックの学資保険。毎月2万ちょっとで10歳払込。中学入学、高校入学時に各50万、18歳満期200万だったかな?
 児童手当は貯まったら金利の良い定期預金に。ただ、利息なんてほぼゼロなので、まとまった金額を満期10年の仕組み定期に入れました。その後すぐに募集が打ち切られていましたが、最近また似たような定期が出てきているようです。
仕組み定期とは、銀行が満期日を決められる代りに金利が高くなっています。私のは10年満期3年、6年で金利が上がる予定ですが、早いと6年で繰り上げ満期を迎えることになります。マイナス金利政策で保険も定期も利息が全く付かなくなってしまいましたから、どうにかしてもらいたいものですね。
 三女が生まれて、また保険屋さんで教育費について相談してきました。「低解約返戻金型でも返戻金がほとんどなく、学資保険はほぼ元本割れしてしまいます。今お得なのは外資です」ということでした。「外資でも米ドルよりも豪ドルの方が安定しているので、個人年金になりますが、試算してみましょう」ということで、試算してもらったのは円で積み立てたものを豪ドルに変換して運用するというもの。10年以上たたないと解約できませんが、1年ごとにお祝い金がもらえるためかなり魅力的でした。しかし、外資というのがどうしても怖くて諦めました。
 その代わりにイオン銀行の積立式定期預金が金利0.15%だったので、そちらで児童手当分を毎月積立することにしました。
◆まとめ
 教育費はかなりの金額が必要になるため、子供が小さいうちからコツコツ貯めておくことが重要です。投資の才能があれば株などで運用するのも良いのでしょうが、「失敗してなくなってしまった」は通用しないので難しいですね。我が家も4人も大学に行かせられるのか、甚だ疑問ではありますが、コツコツ節約頑張りたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました