日能研 ついに始まった初授業の宿題量に唖然

日能研

こんにちは、MKあやねです。
ついに始まりました!日能研、新4年生の授業開始です。初日は次女とはじめて電車で塾に向かいましたが、駅のすぐ横で一本見送ってしまい、初日から遅刻ギリギリになってしまいました(+_+)やはり、時刻表はしっかり確認しておくべきでしたね。帰りも迎えに行ったのですが、アイドルの出待ち?と思うほど人だかりができていて、よく見ると全員塾から出てくるわが子を待っていたんですね。まあ、初日だったのでみんな心配だったんでしょう。うちも同じ気持ちなのでしょうがない。
◆算数
さて、初日は算数2コマ。いきなり2時間半はかなり疲れた様子。帰りの車で「お腹空いた。家までもたない。食べて行こ」と言っていましたが、すでに準備されているので我慢してもらいました。いざ食事になると「お腹すきすぎて逆に食べられない…」「次回からおにぎりとか持ってきて」というかわいそうな状態でした。
授業自体は楽しかったということですが、いきなり小テストがあった様子。中身を見ると、4点!「まじかー」と思って見てみると5問中4問正解。あと1問も単なる計算間違いでした。が、さらによく見ると四則混合計算問題。これは、忘れもしないサピックスの入室テストで惨敗し、そのあと先取りでやらせた4年生の範囲。普通に3桁割る2桁のひっ算などもあり、
「これ、みんなできてたの?」
「5人くらい満点だった(15人中)」
「学校では習ってないよね?」
「なんか、学校でやったって言ってる子もいたよ。先生が学校によってやっていることが違うって言ってた」
いやいや、ちょっと待って。公立がそんなに違うわけないでしょ?ということは、国立や私立の子がいるということ?そういうレベルの子が通うクラスなの?と軽く引いてしまった。
宿題は、宿題用のテキストから基礎問題、応用問題、授業用テキストのオプション問題、さらに難関受験用プリント。何しろ問題数が多くて1日目2時間くらいやったところで集中力が切れ、1問解くごとに休憩を入れるようになったため中断。難関受験用プリントの大問3~6を翌日に持ち越し。翌日も1時間くらいかけてようやく終了。答え合わせと解き直しもするため、かなりの時間がかかりました。今回は土日を使ってできたけど、これから土曜日にテストが入ってくるので、その解き直しもやるとなるとかなり厳しい。問題を解くスピードも付けていかないといけないようです。
◆社会、国語
2日目は社会と国語。こちらはノートの量がやけに少なく、どちらも1ページだけで終わっていました。宿題も宿題用テキストの1回分のみ。国語は毎回漢字テストがあるので、その勉強はしないといけないけれど、算数に比べるとかなり楽と思ってしまう。ただし、土日が使えず平日に復習と宿題をやらなければならないので、結局は大変です。

◆感想

しょっぱなに算数の大量宿題を見て、本当にやっていけるのだろうか?と(親が)不安になりました。祝日はいつもより前倒しの時間帯で授業があるため、「連休でどこか遊びに行こうか!」なんてことも出来なくなります。本人は「楽しかった」と言っていますが、自分で考えてできるようにさせるのは大変です。どうしても見ていると教えたくなってしまうので、丸付け以外は極力見ないようにしています。本当は丸付けもその後の直しも自分でできるようにならないければいけませんが、絶対答えを丸写しするので、そこは見張っていきたいと思います。
ついにスタートしてしまった、受験までの長い道のりを本当にゴールまでいけるのか?すごく不安ですが、親がのめりこまずに途中棄権も常に頭に置きつつ伴走していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました