インフルエンザ診断キットの落とし穴

こんにちは、MKあやねです。
 今シーズンのインフルエンザのピークは過ぎたようで、患者さんもだいぶ減ってきたようですね。しかし、どこからもらってきたのか?我が家にもしっかりやってきてしまいました。さらに、子供だけでなく私まで感染するという大失態を犯してしまい、熱にうなされながら夜中の授乳がんばりました!(誰か褒めて!)しかし、病院の受診タイミングが悪く私だけ解熱剤しかもらえないという「ふざけんなー!」と叫びたくなった体験をお話ししたいと思います。
◆症状の経過
 1日目(金曜日)の朝、長男が「保育園行きたくない」とごねるので、熱を測ってみると37.6度。元気はあるし、いつもの家を出る時間には37.2度だったので、仕事している時だったら間違いなく「体調悪くなったら先生に言ってね」と声をかけて行かせるところですが、まあ半分さぼりでもいいでしょう。とお休みしました。その日は1日中37.2度のまま。上がりもせず、下がりもせず。元気にテレビ三昧でした。
 2日目(土曜日)、朝起きたら長男の体が熱い。38.6度あり、布団に戻ってもらう。でも元気はあり、全然眠ろうとしない。リビングをチョロチョロしながらずっとテレビを見ている。元気なくせに熱は39度に上がり1日続いていました。そして、私が夕方から頭痛と寒気がしてきて、やばいなぁと思ったら、案の定熱がじわじわ上がってくるではないですか。17時ごろから調子が悪くなってきて、20時には37.5度、22時38.6度、24時39度。こんな感じで上がっていき、のどの痛み、頭痛、悪寒、節々の痛み、筋肉痛に耐えながら夜中の授乳を何とか行いました。
 3日目(日曜日)朝、長男37度。私37.2度⇒時間が経つにつれて38.4度。日曜日でも旦那は研修があるため、朝一で病院に連れて行ってもらい、おばあちゃんに応援要請して子供たちの面倒を見てもらうことにしました。長男は結局金曜日からインフルだったのか、土曜日に発症したのかわらかないけれど、どちらにしても発症から丸1日は経っているので、休日診療で検査してもらうことに。私はまだ夜中に高熱になったため、検査は陰性になる可能性が高いが、息子が陽性になれば診断してもらえるはずだと思い、一緒に病院へ。小児科と内科に分かれて受診。本当ならば、小児科で息子のインフル検査の結果を見てから内科にかかりたかったのだが、小児科がかなり混んでいたので同時に受付することにしました。検査結果を待っている時点で息子の診察の方が先に終わり、「インフルエンザB型陽性」私の検査結果は陰性だったが、先生に「今、小児科を受診していた息子がインフルエンザ陽性でました」と伝えると、「あなたは陰性なのでインフルエンザではありません。1日4回くらい熱測って、明日も熱が下がらないようなら近くの病院へ行ってください。そこで陽性でたらごめんなさいね」『はぁ?何それ?あり得ない!』が正直な感想。こんな典型的な症状に加えて、家族がインフルエンザって、これで診断できない意味が分からない。さらに、会計で4300円も取られて怒り倍増。
 4日目(月曜日)朝から長男は36.8度で元気いっぱい。私は夜中に大量の汗をかいて、パジャマも布団もぐっしょりになったため、そこで熱が引いたようで、36.9度と下がっていました。その後も体調、熱ともに改善して元気になりました。



◆インフルエンザ診断キット
 インフルエンザを診断するうえで便利なキットですが、発症後すぐは正しく結果が出ません。まあ、最近では発症から3時間くらいでも高い確率で診断することができる迅速キットも出ていますが、かかった医療機関がどのような検査キットを使っているかはわかりませんので高熱から12時間以上空けて受診する方がいいでしょう。ただし、12時間はあくまで目安であるということを忘れてはいけません。1日目、2日目陰性で3日目でやっと陽性が出るということも実際に起こるのです。あるお医者さん曰く「インフルエンザにかかっている患者さん10人中6~7人しか陽性がでない」らしいので、検査で陰性だったけど、実はインフルエンザだったということも結構あるでしょうね。
◆陰性翌日の再検査は必要か?
 よく、「熱が出てから時間が経ってないと検査で陰性になってしまうから、明日まだ熱が高かったらもう一回検査しに来てください」と言われることがあります。実際私も薬局で患者さんにそう説明していました。が、これって本当に患者さんの事を考えてないですよね。だって、熱があって、体がだるくて、すぐに楽になりたいから病院へきているのに、「熱がひどかったらまた明日来て。」なんていじめかと思いますよ。しかも、発熱から半日以上経ってから受診しているのだから、薬を飲まなくっても翌日まで待ったらだいたい熱は下がります。インフルエンザは薬がなくても寝てれば治るんです!
 今回は休日診療だったとはいえインフルエンザの検査でこんなに取られるのか!と驚愕し、明日は熱あっても行かないな。と思うと同時に、今度から自分も患者さんに「明日も検査受けにおいで」なんて言うのはやめようと心に決めました。
◆おわりに
 今回は家族がインフルエンザでも薬を出してもらえませんでしたが、先生によってはインフルエンザ患者との接触が明らかであれば検査なしでも症状だけでインフルエンザと診断してくれます。その方が患者さんにとってはありがたいですね。もしインフルエンザの薬を出してもらえなかった場合は、おとなしく家で寝ていると1日2日で良くなるので、無駄な体力とお金を使わないで済みます。

タイトルとURLをコピーしました