日能研 クラス落ち後の初授業

日能研

こんにちは、MKあやねです。
先日、4月からのクラス落ち通知がきましたが、その後クラス担当の先生から電話がありました。「先日面談したとおり、ひとつ下のクラスで出させてもらいました。本人のやる気が下がっているので、『頑張ろう!』と声かけても『うーん』くらいしか返ってこない。この前の理科で100点取ったみたいに、好きなことや楽しいことにはすごい集中力をはっきするので、苦手なものも底上げしていかないといけない。力はあると思います。下のクラスで授業中に理解できることが増えればテストでいい点も取れるし、そこで褒めてやる気が上がるかもしれないし。受験まであと2年もあるので、今回はそのためのクラス替えと思ってください」またここに戻ってくる日が来るのかしらねぇ。
さて、当の本人はМ1よりも更に下の新設されたAのトップクラスに入りたかった様子。なぜって?「新しい子が来たぞ!」とジロジロみられるのが嫌だから。新設クラスならそれがないとのこと。でも、「4月は上から落ちてくる子、下から上がってくる子、新しく入塾した子がいるから、気にならないと思うよ」と声をかけると少し安心した様子。実際、クラスの半分くらいが新しくそのクラスに入った子で、人数もかなり増えたらしい。そして、授業は楽しかった♪とご満悦。
<国語>
国語の授業はかなり気に入ったよう。なぜって?М2では漢字の小テストで満点とっても栄冠シールはもらえなかったが、今回のМ1クラスでは5枚ももらえる!しかも、テスト時間が3分もある!(今までは1分半か2分くらいだった。)ということらしい。「もうずっとМ1でいい。М2には戻りたくない」と言ってしまったよ。宿題は今までは栄光の基本、本科、テスト直しで、研究はやりたい人だけでしたが、今度はテスト直しの提出不要になり研究が追加されました。どっちにしてもテスト直しはしないといけないので研究が増えたということですね。

<理科>
特に面白かった。しか言っていませんでした。宿題も今まで通りです。
<算数>
「先生がすごく優しかった!」そうです。しかも、難関校対策プリント(難プリ)は毎回渡されるものの、宿題に出されるときと出されないときがあるらしい。今回は問題が難しいので宿題にはしないと言っていたそうです。そして、宿題自体がすごく少ない!これなら1日あれば余裕で終わる。毎回の小テストもなかったとのこと。
◆感想
まず感じたのは、М2とМ1でもかなりの差がありそう。もともと算数の宿題にアップアップしていたので、算数の宿題が減ったことでかなり楽になりそうです。しかし、難プリも量が多いだけで難しすぎて手が出ない問題は少なかったため、М2への返り咲きを目指すなら自分でやっていかないといけないでしょうね。何にしても算数の宿題が少なすぎて親の方が心配。わが娘は宿題でないことは絶対にやらないタイプなので、問題に触れる量が減って成績は落ちてくるのか?問題を選んでじっくりやって上がってくるのか?今後の成績にも注目していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました