日能研の保護者会に行ってきました

日能研

こんにちは、MKあやねです。
今日は日能研の保護者会についてです。塾でも保護者会があることにびっくりしました。しかも平日の午前中。まあ、子どもたちが学校に行っている間に、ということなんでしょうがね。仕事している身としてはわざわざ休み取るのも大変なんですよ。
まずは室長の挨拶から始まり、各教科の担当講師が説明するという流れ。
◆室長のお話
ポイントだけ言うと、4年生で大事なことは
・4月までに何曜日に何をやる。というような勉強のサイクルを覚える。
・短時間に集中して勉強する。(時間の使い方)
授業中に1つでも多くの事を覚えてくる。
・勉強する時に目標時間を設定する。
テスト時間を目安に、国算1時間。理社1時間弱。
・「こなす」と「身につける」の違い。繰り返し練習して身につけよう。
・子供と保護者の距離感をつかむ。
「自学自習」が理想だが、中学受験までに身に付けられる子は少ない。
(1)一緒にやる
(2)計画を立てその時間内でやらせて、〇つけを保護者がする
(3)計画を立てその時間内でやらせ、自分で〇つけ、やった内容を保護者がチェックする
(4)自分で計画を立てて、自分で〇つけ、やり直しまで自分でする
・4年生:学校をたくさん見に行き、中学受験するかどうかを決める
5年生:志望校を絞る
6年生:志望校に向けて頑張る
・R4偏差値と進学者の偏差値は1ランク下にずれていることが多い



◆算数
・ノートの取り方がきちんとできていない子がいる。
答えがあっているからと言って解説を写さない。別解もきちんと写すように。
答えだけではなく、式をきちんと書く。
・〇つけをきちんとする。
栄冠がすべて〇というのは、よっぽど頭のいい子か、答えを写している、または○つけも適当にやっている子。
・GWは計算ノートが休みになるため、第6回、第7回の四則計算をやり直してみるとよい。
・宿題は1日でやらない
1日でやると全部忘れる。
◆社会
・今後のカリキュラム
4年 前期:地理(地名、都道府県、県庁所在地)
夏期:復習
後期:地理(地方別)
5年 前期:地理(受験レベル)
夏期:復習
後期:歴史
6年 前期:地理、歴史、公民
夏期:復習
後期:地理、歴史、公民
・自分で何度も書かないと覚えられない
今は漢字でなくてもよいが、本番は全て漢字。
・4年のうちから歴史マンガを読んでおくとよい
・6年になって社会がぐっと伸びる子の特徴
視野が広く、いろいろな雑学を知っている
ただ覚えるだけでなく、どうしてそうなったのかを考える
◆国語
・漢字が大事
熟語の意味を調べる。
「1026字の正しい書き方」がおススメ
・文章を一生懸命読む
・4年生のうちは記述は甘めに○付け。書くことが大事
保護者が〇か×か迷ったら、〇で大丈夫。
◆理科
・授業中は先生の話を集中して聞く。
ノートはとれなかったら「復習の理科」で大丈夫
・時間があれば「復習の理科」をノートに写すとよい
・栄冠はテスト形式で25分でやってみる。
半分でも〇がつけばよいと思う。しっかり解説を読むように。
◆感想
各クラス、教科毎にどういう内容で授業や宿題を出しているかがまとめられた冊子があり、他のクラスではどのように進めているのかを知れるのは良かったです。あとは、「自学自習」を早くさせなければと思っていたけど、小学生はそのレベルではないということがわかったので、できるところは一人でやらせつつ、手をかけてあげて良いんだな。と気持ちが楽になりました。

タイトルとURLをコピーしました